Select Page

先日D90の話をしましたが、実際にムービーカメラに

スチルカメラのレンズをいろいろつけてみて実験してみました。

使用したのはレンズ交換式のHDVカメラ270Jです。

1/3”バヨネットからニコンレンズに変換するアダプターを

イギリスから輸入しました。これです。

いわゆるニコンマウントです。

日本円で3万ちょっとだったので、ロンドンにいる友人を通じて購入。

10本位のニコンレンズがあったので、いろいろつけてみて

いわゆる35mm「ボケ足・フィルム感」がどの程度出るか試してみました。


 lens01.jpg

↑レンズだらけ。270Jで沢山撮りました。


 lens06.jpg

↑これが270Jの標準レンズ。なかなかこれもGOOD。

 

注意すべきことは、35mmレンズなので画角が約2倍テレ側にシフトしてしまうことです。

つまりスチルカメラの17mmはムービーでいう35mm程度の画角になります。

 

lens02.jpg

↑300mmのレンズ。つまり約ムービーレンズ600mmの威力。盗撮!

 

lens05.jpg

↑24mm単焦点。これは使えます。

 

lens04.jpg

↑そしてシフトレンズ。飛び道具。これも最高!85mmです。

 

lens03.jpg

↑アダプター万歳。なんでもござれ。

 

結論として、「アリ」です。もちろん通常の取材や収録は標準レンズで十分ですが、

ここぞといったときには、スチルレンズ特有のボケ足と質感がでます。

ただワイドに収める事ができないので、被写体とカメラの距離をおく必要があります。

決め撮りでないかぎりは標準レンズでもOKですね~良くできているSONY!

やはりお気に入りはシフトレンズです。最近巷でも良く見かけますが、これは本当にいいです。

一応ムービーをUPしたので、こちらからどうぞ。

 

このアダプターはちょっとした宝物です~これで作品を早く作りたい!!やるぞー

%d bloggers like this: