Select Page

お久しぶりです。一ヶ月以上ブログを更新しておりませんでした・・・
8月はちょっとばかり忙しくて、気づいたら!!なんと9月です。
昨日まで宮崎で打ち合わせなどしておりました。

近況から申しますと、最近は3D制作とUSTの番組制作が多いですねー
この間はEPIC2台で3Dのテスト撮影をしました。

↑5Kの3Dです。今までの3D制作で、もっとも「高解像度」の立体視にチャレンジしました。

今日はここで2つのプラグインを紹介しようと思います。

まず一つ目は「Fractal Noise 3D」です。
http://aescripts.com/fractal-noise-3d/

これはその名の通り、フラクタルノイズを3Dで表現できるものです。
Zの情報を持つので面白い効果を演出できます。

↑Uniform・Horizontal・Sphericalという3つのジオメトリモードを持っています。

obstacle 3D layerを持つこともできますし、ライトにも反応します。またデプスマットを読むことができますので、
3Dの映像と簡単にコンポジットが可能!というのが素晴らしいです。

↑ISPのStereoscopic 3Dを使って立体視にも挑戦しました。

そして2つ目がお待ちかねのTrapcode Mirです。
http://www.redgiantsoftware.com/products/all/trapcode-mir/
これもフラクタルを使った3次元の描画プラグインです。

↑Formでできなかった形状も簡単に作成できます。特にShaderをいじれるので面白い形が表現可能!

↑そして立体視もかなりダイナミック!!!!すげぇぇぇぇ!!

↑これはMirをつかった動画です。うーん。いけてる!!
実は9月の中旬に宮崎で280インチのスクリーンで3D映像を流します・・・!
後ろで奥本さんが頑張っておりマース。3D制作はちょっと日本では下火ですが、
まだまだ面白いことができる余白があると実感しています!

 

%d bloggers like this: