Select Page

3D撮影が続いています。

今回は実験的な撮影をしてきました。1泊2日だったのですが、かなりの量を撮影しました。

目的は「効率的な3D撮影」です。

単純に2眼のカメラで撮影を行なうのではなく、グリーンバックやワイコン、あるいは小型カメラ

などを使用した効率的な3D撮影を模索しました。

↑ZUNOWのワイコンの3DA1につけてみました。実は左右の画角が少しずれます。

 After Effectsで補正する必要があります・・・

3DDK2.JPG

↑寄りのシーンはGS-TD1を多様しました。サイドバイサイドの収録のため、解像度が半分に。

 いたしかゆしだ。

3DDK3.JPG

↑でもあかるいレンズで、サブカメラ、飛び道具としては優秀。

 

今回はSteadicam Pilotを使いました。3DA1には最適のステディカムです。

本当にライトで、使いやすく、最高です。

3DDK4.JPG

↑ステディカムもつかいました。金戸カメラマン、お疲れです。

 

いやー、疲れました。ほんとに。でもかなり3D撮影の効率的なワークフローが見えてきました。

グラフィックも含めて、イメージを実現できるようになったと思います。

マリモレコーズのスタッフも、相当のめりこんでいる様子~

USTでも3Dの話しますね!www.enatsu.net/tv で~

 

 

%d bloggers like this: