Select Page

それにしても盛り上がりました!!
Jet Black Osaka - ご参加いただいた方、本当にありがとうございました!

今回もやりました―世界初!!?のHDによるリアルタイム3DVJです。
既に初めて2年が経ちますが・・・ようやく諸々、安定して送出できるようになりました。
HDということで、機材周りは相当工夫を凝らしております。

↑キャリブレーションの様子

基本的には3D素材はすべて2560×720のハーフHDサイズのサイドバイサイドで制作しました。
After Effectsで右目の映像と左目の映像をISPのStereoscopic3Dでレンダリングして、
それを最終的にはF4Vのファイルコーデックに書き出します。

↑使用したソフトウエアはGrandVJです。送出解像度を自由に選べるので、最高です。F4VもOK!

ファイルはすべて一枚の映像としてF4VでGrandVJから出しました。MIDIコントロールとしてNuVJを使用。
同じ会社のものなので、接続の安定感は最高です。

↑キーポイントはMatroxのDualHead2Goです。

PCから2560×720で認識・送出させるにはMatroxのDualHead2Goを使います。
サイドバイサイド非スクイーズの映像をこれで2枚のHDに2分割します。今回はDVIに出される映像をHDMIに
変換して、そのままプロジェクターにつなげました。

↑3台のプロジェクターを使用。一番上は2D用のもの。下2台の映像に偏光をかけました。

プロジェクターからは偏光フィルムを通して再生させて、シルバースクリーンに打てば終了です。
あとは同じ偏光式(今回は線偏光です)のメガネで簡単に3Dが視聴できる仕組みです。

一枚の映像としてVJソフトからバンバン再生をMIDIコントロールから行なえるので、
エフェクトもリアルタイムでガンガンかけられます。
今回も最高に立体感のある映像を演出できました。

↑今回も大勢に人に来ていただき、感謝!です。

↑そしてDJは兄です。今回のフロアも超盛り上がりました。あとヲノサトルさんも最高です!

いよいよ本格的に立体視にリアルタイム再生・リアルタイムエフェクトがシングルPCで行なえるように
なってきました。試行錯誤してきた3DVJも、いよいよ安定したHD送出が可能になってきております。

引き続きイベントはバンバンやりますので、また見に来てください!
今回のオーガナイザーの菊田さんには心から感謝いたします。
大阪ありがとう!!

%d bloggers like this: