Select Page

3ヶ月くらいずっと模索していた、リアルタイムの3D素材出しのシステムが完成です。

いわゆる3DVJのお披露目をおとといの夜、我らのイベントJETBLACKでしました!

完璧なシステムでございます~!とても苦労しましたが、100クリップ以上の3D素材を

惜しむことなく出しました。もちろんエフェクトやトランジッションなども

ほとんど問題なく3Dで出力できました。リアルタイムって本当に凄いです。

 

3DVJ001.jpg

↑何度となくこのブログで登場してますが・・・HDMIをスプリットすることで3D視聴が可能に。

3DVJ002.jpg

 

3DVJ003.jpg

↑プロトタイプのVJソフトを使いました。コントローラーはUSBMIDIコントロールです。

ちょっとつまみが小さすぎて、手が滑りまくりました・・・ここは要検討。でもちゃんと動きました!

 

↑一応150インチのシルバースクリーンも作りましたが、今回は80インチ程度のスクリーンを使用。

プロジェクター的には200インチ弱までなら問題なし。もちろん300インチになってもスクリーンは

すぐに用意できます!

3DVJ005.jpg

↑初参戦のVJの奥本氏。偏光メガネをかけながらの作業。それでけでもかなり上がります。

問題はモニターアウトを出せないというところ。3D視聴できるモニターがあれば、完璧な

システムですが・・・費用さえあればですね。

3DVJ006.jpg

↑もちろんDJもメガネをかけてプレイ!最高に盛り上がりました!!!

 

ここまでできたので、あとはHDスイッチャーをかませて

複数台の映像をスイッチングしてリアルタイム3Dに挑戦したいですね。

かなり面白いことができると思います。プロジェクターも2台で投射するので

3500ルーメンほどあれば300インチ以上になっても怖いものなしでしょう。

 

それにしても最高でした。3D万歳!

着ていただいた方、ありがとうございました。

次回のイベントもお楽しみに!

%d bloggers like this: