Select Page

もちろんビデオカメラとの違いはたくさんあります。

でも結局5Dのすごさはその画の美しさにあります。
ビットレートがおおよそ40Mという、クオリティの高さ、
そしてレンズによる被写界深度の浅さ、さらには、1920フルHDで
ISO6400という感度のすごさ。
EOS 5D MK2はレンズ交換の意識とフォーカスの重要性を再認識させられる一台です。
8.jpg
↑間違いなく買いの一台。画がキレイなので撮影がとても楽しい!
もし、ハンドリングがムービーカメラとしてもっと軽快になって、
CFカードが2枚でスワップやバックアップができたりして、
アイリス&フォーカスがリアルタイムでオートで機敏に動けば
全てのビデオカメラにとってかわる一台になることは間違いないと感じました。
もちろん現段階でも相当な画質をたたき出す「動画」カメラです。
モデルの撮影も完璧で、その髪の毛のディティールから質感まで、
HDVやXDcamを遥かに上回る映像となりました・・・おそるべし。
詳しくはビデオαで書きましたので、是非来月読んでみて下さい。
今後の流れとして、一眼レフとムービーカメラの動画戦争があることは間違いないでしょう。
そこで、大注目はREDのScarletですね~早く手にしたい一台です!!!
あ、ちなみにオリンパスのPENも動画いけます。1280ですが、こちらも小型一眼で
レンズ交換バリバリで、MotionJPGで30Mのビットレート。使ってみたい~
%d bloggers like this: