Select Page

駄目だとは分かっていますが、どうしてもやりたかったのでやってみました。

5DMK2を使った3D撮影です。

もちろんリグを使わず、2台並べての収録で実験を行ってみました。

 

5d3d-01.jpg

 

↑壁まで5m。1mごとに三脚を立ててみました。

 

コンバージェンスをつけてみたかったので、敢えてスタジオ中心で収録しました。

5Dは筐体が横に長いため、どんなにがんばっても視差は20mくらいになってしまい

コンバージェンスを近い距離でつけると後方発散という「「破綻現象」が起きてしまいます。

そのため後方に壁を設ける必要があるのです。

5d3d-02.jpg

↑キャリブレーションが大変!自家製雲台でなんとか光軸を合わせていきました。

 

使ったレンズは50mmの短焦点です。コンバージェンスは2m、3m、4mで合わせて実験しました。

平行法の撮影も合わせて実行。

キャリブレーションは本当に「面倒」な作業です。しかも後で分かったのですが、チャートで

しっかりと合わせたにも関わらず、撮影された素材はなぜか左右の上下位置がずれていて

幾何学調整をAfterEffectsで行う必要がありました。おそらくCMOSの個体差か、レンズの固体差?

などの原因があるのでしょうね~むずかしい!

5d3d-03.jpg

↑結局視差は20.5cm。現場では使えない距離です。やはりリグが必要なのか・・・

 

結論として、有効な3D再現距離は4mより後方と言うことが分かりました。

またコンバージェンスも5mより後ろであれば、なんとかといったところでしょうか?

結局のところ、シングルのグリーンバックでの撮影というのが一番なのかもしれません。

やっぱりリグは必要ですね~

5d3d-04.jpg

↑撮影する3Dマスターの榎戸氏。 それでも平行法なら何とか・・・しかしカメラ5m以内の被写体は

 全て破綻の恐れがあります。レンズを長玉にする方法もアリか?

 
5d3d-05.jpg

↑探せばたくさんありますね。5DMK2の3Dリグ。やっぱ撮影自体が大げさになってしまう・・・

 

ということで、これから詳しく検証してみます~

それにしても5Dは画が綺麗だなぁ。

 

 

%d bloggers like this: