Select Page

今回も始まりましたADOBE映像塾~
2回の放送を終えて、皆様のおかげで順調です!
放送はコチラ!プレゼントも豪華です!→ADOBE映像塾

今回も効率的な放送機材で進行しています。
4台のカメラと2台のノートパソコン画面、更にKey&Fillのスーパーで
8入力を1MEに入れて配信。
いつものようにUltrastudio 3DのLRにAfter Effectsで制作したCGを
RGB&アルファでスイッチャ―に入力しています。そもそも3D用のインターフェースなので
同期はばっちりです。

↑配信の様子。ツイッターやFBの要員も。TDとグラフィックD、そして音声ディレクター。

カメラはXF015とZ5Jです。105はSDIが使えるので、システム設計に余裕がでます。
今回はUSTREAM Producerを使っています。

↑セットは美術Dが頑張ってくれました。2台のプロジェクターでマッピング演出です。

いつもはWindowsで配信をしていますが、今回はRetinaで行っています。
処理も早いので安定したパフォーマンスが望めますね!
ただしさすがに無線LANで行うのは危険なので、今回はMatroxのDS1を使いました。
Thunderbolt一本で、LANやUSB3.0、HDMIといったインターフェースを増加させることのできる
最強の一台です!

とくにAirを使っている人はあると便利ですね~

↑Matrox DS1です。HDMIで画面も増やして、有線LANも。 いけてる!!必需品ですね~

↑配線ごちゃごちゃです。次回はちゃんと整理します。すみません。このRetinaから配信~安定しています。
DS1はThunderbolt一本でHDMIやLAN、USB3.0、USB2.0、マイク入出力などのインターフェースが
一気に増やせます!

↑音はRMEです。

音声はOctaMicⅡで5人分のマイクをコントロールしています。ソフトウエアでコンプ・リミッターなどかけられて、
Digicheckでトータルアプトプットを確認できます。

↑昔に比べて安定してきました。HD配信も余裕をもってオペレーションできます。

↑第2回のゲストM.M.Mのお二人とレギュラー陣。

放送も盛りだくさんで行っています。
これからも豪華ゲストをお招きして、Adobe映像塾第4シーズン After Effects20周年記念番組を
お送りします。
是非皆さん、ご覧ください!毎週水曜日、夜9時~です!

詳細は公式ページで!

%d bloggers like this: