Select Page

11時から夜の8時までAfterEffectsの講習を行った。

IMIの生徒は皆さんとても熱心で頭が下がる。かなりの長丁場だったのみのかかわらず、

この日も15人近くの人が最後まで勉強していた。

 

映像の基本的な技術論から始まって、最後はグリーンバック撮影までノンストップ。

殆どが「初めて」の人ばかりであったが、まさかここまでできるとは正直思っていなかった。

もちろん一日ではAfterEffectsのさわりの部分しか説明はできなかったが、

僕自身も充実した一日を過ごせた。

 

imi2.jpg

↑もう喉がガラガラでした~かなり有意義だったと思います。

 

よく人に聞かれることがある。それは「どれくらいでAfterEffectsを習得できますか?」という質問だ。

正直僕自身にとっても、まだまだやれること満載のこのソフトウエア。やってもやってもきりがない。

だから僕にはちゃんとした答えがわからないが、今日の生徒の人たちはすでにいろんな

モーショングラフィックに挑戦できるだろうと思う。

 

このソフトに出会ったのが今から大体4年前。局にいたときに、どうしても

他の人ができないVTRが作りたかった。当時はようやくHdcamの素材収集が始まったばかりの

ころだ。まだ現場のデジにはHDVのカメラすらワークフローに組み込まれていなかったため、

必死になってSONYのA1Jで取材を始めたのを良く覚えている。ミランダのHDV-HDSDI変換器の

必要性を上司に説得するのが大変で、AfterEffectsもまだバージョンは6だった。

 

そしてリニア編集でVTRを作るときに、いかにこのAfterEffectsを本編で組み込むか、

とても苦労した。結局、HPのマシンにAEをインストールし、KEY信号とFILL信号を同時に出力できる

BLUE FISHのビデオカードをリニアのスイッチャーに入れて、目押しをしていたのだ

(リニアのRECが回ってから、マニュアルでAEのグラフィックを再生していた)。

おそらくこんな使い方をしていたのは僕しかいなかっただろう。

ただそれだけAEの可能性が無限だったということだ。

 

リニアではできないことが沢山できたから、VTRのクオリティーをずいぶんと上げることが

できたと思っている。あの時は編集室の人たちには本当にお世話になったし、

何せすべてが初めてだったから、本当に感謝している。あの編集方法ができたからこそ、

僕は今もAEを使っているといっても過言ではない。

 

あれからずっとAEを触っている。触っていると、いつも発見があるからすばらしい~AE万歳。

%d bloggers like this: