Select Page


↑待望のスイッチャ―!Blackmagic Design ATEM 1M/Eプロダクションスイッチャ―

先日まで行っていた「ADOBE映像塾」のUSTREAM放送でしたが、
最終回の日はBlackmagic Design社のATEM 1M/Eスイッチャ―を使用しました。
とても使いやすい!&超安定している!!というのが感想です。
今回はHDMI接続で4カメ。そして更にはPCの画面をDVI-SDI変換して
スイッチングしました。それを放送用のPCにIntensity経由で入力し
Wirecastで最終放送いたしました。


↑放送中の様子。4カメHDスイッチングが、この規模でできるのは、夢のよう!

とにかくATEMの使用感が本当に抜群で、かなり安定していました。
今回はソフトウエアでスイッチングをおこなったのですが、このソフトウエアパネルも
とてもインターフェースがしっかりしていて、感動です。

また内蔵のメディアプレーヤーもスイッチングさせることができる仕様で、
相当数の静止画や動画を登録させることができます。
とにかく「次世代のスイッチャ―」というのがふさわしい呼び方です!


↑入力はHDMIのカメラ4台とパソコンの画面出力のHD-SDI1本。接続はいたって簡単。

一番の特徴は、やはりHDMIを4系統入力させることができる点です。
更にはマルチビュー画面もかなり効率的なワークフローをもたらしてくるれ感じです。
すべての入力を確認できるだけでなく、プレビューやプログラムもみやすく、
システムをかなり「簡素化」「効率化」させることができるようになりました!


↑マルチビューモニターで超効率的なスイッチングが可能。ワイヤレスのテンキーで更に快適。

またPhotoshopにインストールされる専用のプラグインも秀逸です。
タイトルをその場で入れ込んで、ONAIRに反映させられます。
基本的にこのスイッチャーはすべてネットワーク内で行うのですが、
複数のパソコンからスイッチャ―にアクセスすることができて、
コントロールするパソコンとは別に、画像をアップロードさせるパソコンを用意することができるのです!

とにかくすごい!の一言。これから発売される、Television Studioや2M/Eといったスイッチャ―の登場が
非常に楽しみですね!!


↑驚きだったのはPhotoshopのプラグインにATEMの転送機能が。一気にオンエア画面に反映させられます。


↑ちなみに、PCの画面はDVIをHD-SDIに変換。とても安定した放送ができました~

本日サンダーボルトで動く、2系統の入出力インターフェースであるUltraStudio 3Dが出荷開始になりました!!
夢のような新しい機材を「どんどん」発表しBMDの今後の動きに要注目です!!

%d bloggers like this: