Select Page

Blackmagic DesignのATEM1MEを使ってUSTREAM放送をしました。
今回は総勢6人で4カメのHD放送です。
結構規模の大きい放送対象だったので、いろいろとシステムを頑強に組みました。

まず放送は2台のPCで同時に別チャンネルで行い、万が一どちらかがダウンしても大丈夫なようにしました。
またスイッチングアウトもKiProとPC(Decklink 経由でPCのHDDに)に録画して、
放送後に素材を使用できるようにしました。

つまり放送用2OUT、録画用2OUTの合計4OUTを使用。まさにATEM1MEならではの
ルーティングです。
入力は 4台のカメラと動画ムービーの5入力スイッチングと、名前などのスーパーを入れる
Media Playerを2つ活用して画作りを敢行(奥本ががんばりました~)。


↑1MEのパネル。非常に使いやすいです。最高~


↑そしてATEM本体。配線だらけでしたが、バッチリノートラブルで動きました。


↑会場とスイッチャ―まで距離があったので、SDIのカメラを選択。今回はNX5Jの登場です。


↑SDIとHDMIはいろいろと混在していますので、何かとコンバーターが欠かせません。今回は3台使用。


↑バックアップの放送にはRolandのVC-30HDを使いました。完璧にWirecastと動いて、これも感動!

もちろんバックアップが出る幕なく、無事に放送を終了できました。ニコ動では約5万人もの人が見に来てくれました!
Blackmagic Design社の製品がなければ、これほど高画質でコストパフォーマンスの高い放送を
行うことはできませんでした。
スイッチャ―やパネルも素晴らしいですが、それを動かすソフトウエアや、コンバーターなども
相当安定しているということが今回判明~素晴らしいです。

USTREAMもいよいよHDによるシステムが簡単に組めるようになってきています。
もちろんSDの放送も簡単で気軽なので、用途によって分けるのがいいかもですね!!

明日は話題のRoland VR3を使ってUSTREAM放送をします!LiveShellも購入しました~
お楽しみに~詳細はmarimoRECORDSTVのツイッターで告知します。

%d bloggers like this: