Select Page

今週の5月21日にCS5セミナーが、発売記念で行なわれます。

そこで3D制作の話をすることになりまして、ただいまAfterEffetcsCS5の製品版をADOBEさんから

お借りしています。そのマシンで正に3Dムービーを制作中です。

CS5_capture.jpg

↑作成中の画面。レイヤーは全部でかるく1000を超えています。

 

驚きは「スピード」というよりも「安定感」にあります。RAMプレビューの長さも半端ではありません。

同じプロジェクトをCS4でレンダリングしていると「メモリが足りません」といったワーニングで

マシンが止まることもたびたびで、いつも夜中にレンダリングをかけて朝チェックするのが

ハラハラドキドキでした。ま、3Dなので奥行きを出すためにレイヤーの数が多いので・・・

ところがCS5は抜群の安定感で欲しい画をちゃんとレンダリングしてくれます。

正直、今回の制作はCS5がないと完成に至らなかったと思います。

RAM.jpg

↑AEでなんと9Gものメモリを独り占め!もちろん今後は24GぐらいのメモリはPCにつめるので・・・

 もっとすごいことが起きる!

 

やはりメモリの割り当てが素晴らしい。今回はお借りしたHPのZ800で、12Gのメモリだったので

9GをAEに割り当てました。いや~感動です。なんかお金持ちになった気分。

もちろん、メモリによる快適な作業環境だけでなく、数多くの新機能もすごいことになっています。

詳細はセミナー当日に具体的な話があると思いますが、僕も感じたことをこれからも書いていきます。

AEではロトブラシが注目ですね~もちろんPremiereCS5も桁外れの再生機能MPE搭載で

その可能性は無限大です!僕はCUDA対応のカードを挿しているので、これまた楽しみです~

 

 

%d bloggers like this: