Select Page

3年前から大阪のセカンドスクールで講師をしております。
兄弟で「デジタルワークフロー」の講座を音と映像別々に教えているのですが、
今日は合評会という生徒の作品の発表会がありました。
年に3回の制作発表の場が設けられるのですが、
今回は全部で7作品の上映となりました。


↑畑教授の総評。やはり作品を作ることの意味は大きい。

今日は生徒の作品に刺激をうけて、僕も頑張らねばと思ったので
ちょっとブログに挙げておきます。

IMIグローバル映像大学という学校なのですが、兵庫の宝塚にあって
ここの学校は図書館を併設しており、とても充実した施設を構えております~
写真のコースなどもあったりと、非常に魅力的です。
一応宣伝まで~

ちなみに今回のグランプリの内容はエネルギー問題とラブストーリーを掛け合わせた
ショートムービーでした。面白かった!!

%d bloggers like this: