Select Page

Inter BEEが終わりましたー

本当にワイワイとした感じで、あっという間の3日間でした。

今回の展示で、今の時代を代表する機材を10個ピックアップしてみました。

 

まずは、初の実機??のお披露目となりました、RED EPIC。

まだ完全に動くものではないそうですが・・・2時間以上にわたるプレゼンテーションが

ホテルで行なわれました。

それにしてもこの小ささには、誰もが驚いたと思います。

これで5KがRAWで収録できるなんて!!!

早く発売にならないかと・・・とても楽しみです~

IB01.jpg

↑10傑その1「EPIC」。キヤノンのレンズを搭載して、登場。まだちゃんと動かないようです。

IB02.jpg

↑モジュールを重ねていくスタイル。その名前どおり、新しい時代を作る1台になるのでしょうか?

 

今回のInter BEEは「3D」と「DSLR」、そして「ファイルベース」、「WEB放送」という

キーワードがありました。

まずは3Dのカメラです。

9月に発売されたPanasonicのAG-3DA1。あらゆるブースで展示されていました。

業界初の2眼カメラで、3D撮影の垣根を大きくさげました。

IB03.jpg
 

↑10傑その2「AG-3DA1」。すでにマットボックスなども登場。

IB04.jpg
 

↑SONYも2眼のカメラを「参考展示」で出していました。まだモックですね~

 

そしてDSLRでついに業務用ビデオカメラタイプが登場です。

大判CMOSのカメラこれから現場でドンドンと使用されるものになるでしょう!

REDに負けるな!と日本の企業にもがんばってもらいたいものです。

今回はPanasonic、SONYからそれぞれ発表になりました。

ところが価格はPanasonicが80万円ちょいで、SONYはプライムレンズ3本セットで210万円と、

大きく購買層のターゲットがずれていました。

個人的にはどちらも興味ありますが、5DMK2を使っている人にとっては、大きな興味を惹く

「新時代」のカメラですね!

IB05.jpg
 

↑10傑その3「AG-AF105」。基本的にはマイクロフォーサーズのフォトレンズを使用。

IB06.jpg
 

↑10傑その4「PMW-F3」。Panasonicとは対照的にプライムレンズを使用。

あくまでもフィルムを意識した作りですねー

 

さらに「ファイルベース」に注目です。外部収録機器として新しいハードディスクレコーダーが

登場していました。今まではKiPROが主流でしたが、ついにCineformコーデックでも

記録のできる「CINEDECK」が発表。

そしてさらに10万円を切る価格で、PRORES422に収録可能な「NINJA」が、

話題を呼んでいました。それにしてもPRORESコーデックを支持する人は多いですね!

私はWINDOWSユーザーなので、CINEDECKの登場は嬉しい限りです。

IB07.jpg
 

↑10傑その5「CINEDECK」。150万円と価格は張りますが・・・Vマウントでフィールドでも活躍。

その可能性は無限大です。

IB08.jpg

 

↑10傑その6「NINJA」。HDMIのみの入力ですが、PRORES422で収録可能。

価格も10万円を切るコストパフォーマンスで登場。開発の人にWINDOWSでも使えるように

してくれと、頼んでおきました・・・

 

そして私のお気に入りのHDミクサー、PanasonicのHMX-100.。

そのコストパフォーマンスは圧倒的です!3Dにも対応して、ますますその可能性は大ですね!

IB09.jpg
 

↑10傑その7「AG-HMX-100」。マルチフォーマットで70万円を切る価格で登場。

素晴らしいの一言です。HDソリューションが、ローコストで手に入ります!

 

3Dソリューションとして、目が離せないのがBlackmagicのDeckLink HD Extremeです。

遂に、サイマルで左右の映像を同期して出力することが可能になりました!

これは画期的な一枚です。

IB10.jpg
 

↑10傑その8「DeckLink HD Extreme」。サイマルで左右の映像を出力できることは

新しい3Dの再生環境をもたらしてくれます。BM万歳!

 

そしてUSTREAMのWEB放送というのも、大きな柱です。

ROLANDのVR-5は「簡単WEB放送」のソリューションをもたらしてくれます。

カメラを3CH入力できて、さらにSDカードの映像も合わせて4CHスイッチング可能な

スイッチャーです。凄いのはPCとUSB接続で、カメラ認識をさせることができる点です。

更に更に、スイッチングアウトをSDカードに収録可能。

WEB放送以外の使い方もできますねー

 
IB11.jpg


↑10傑その9「VR-5」。欲しいが詰まっております。はっきりいって「欲しい!」の一台。

 

最後に挙げるのがLED照明です。最早、これからの照明はLEDが主流になりつつあります。

KPIが出展している、Microbeam1024は、演色性も抜群の素晴らしいLED照明です!

今回は調光モジュールを搭載しての出展。とにかく消費電力の少なく、熱くならず、

更には寿命も長いという、LEDは素晴らしい!!!!

照明の展示は100%LEDでした。新時代の到来ですね。

 
IB12.jpg


↑10傑その10「Microbeam1024」。即導入です!

 

 

というわけで、楽しいInter BEEでした~

いろんな人に出会えた3日間でもありました!

みなさんありがとうございました!

IB13.jpg
 

↑番外編。USTREAMも兄弟でやりました~

 

%d bloggers like this: