Select Page

年に一度の楽しみであるINTER-BEEが開催しました。

兄の講演などもあって、初日に出陣。

 

 

今回のトピックは「デジタルワークフロー」。

これは我々FILTER KYODAIが常に追い求めるスタイルでもあるのです。

 

僕にとって、撮影カメラのパラダイムシフトを実感する展示会。

メディアはいよいよメモリ時代に突入!

SONYS×SXDCAMCFカードのHDVをメインストリームに置いていました。

特に新機種Z5Jが売りのようですね~EX-3など既に発売となっている機種にも

人がにぎわっていました。

 

実際、今年の初めから、昨年のINTERBEEで注目の的でもあったZ7J270Jを仕事で

使っていたため、CFカードで録画できるお手軽さには、個人的な評価も相当大。

今回のZ5Jに至っては「購入」したい!と実機を目の前にワクワクでした~

 

 


z5J.jpg

↑Z5J。欲しいっちゃ欲しいが、中途半端でもあり、どうなんだ?HDV?

 

予想通りの出来栄えで、Gレンズなどの搭載で取り扱いの良さをアピール。

特にZ7Jが「重い」という印象が強かったので、持ってみて、お手軽な感じ。

しかし、メモリレコーディングユニットは別売りだし、見た目も含めて新しいという印象はなく、

少し残念。確かに、より万人受けされやすい形に収束しているとは思うものの、

去年程の驚きはなかったです。だったら思い切ってメモリーだけのHDVでもよかった訳で、

筐体を軽くしたり、HDSDIのインターフェースをつけたり、価格を安くしたり、

もっと派手にやって欲しかったなー。

 

今回の一番の商品は、ズバリPanasonicAVCHDカメラAG-HMC155であります!

なぜ?AVCHDのカメラ?いまさら?

それは、時期同じくして、今回のInter-BEEADOBEが発表したのは、

なななんとPremiereCS4AVCHDがネイティブ対応になったのです~

 

 


155.jpg

↑一応グッドデザインだそうです。でもその性能の方が可能性大。ADOBEが追い風になりそう。

 

 

これで鬼門であったH264の編集ができる!ということで、一気にこのカメラへの注目度が

UPしたわけです。強運!Panasonic!しかももちろん、対抗機種はSONYZ5J

パンフレットには、対HDVということで、相当「HDVよりキレイ」を押しにしていました。

 

レンズも広角を使用して、ワイコンいらず。さらにはテープヘッドがないから

バッテリーをつけても2キロ弱!軽い。ステディカムマーリンにもおそらく乗せられます。

しかもメディアはSDカード。お手軽。16Gで90分録れます。CLASS6ならOKということで、

いまネットで買うことのできる16GCLASS6はなんと5000円。S×S20分の1。

Panasonicの担当者の方とは、実はご縁がありまして、今度この155を使って

画質検証をすることになりました。これはとても楽しみです。

 

CS4にプラットフォームを変えれば、おそらく我がスタジオのカメラはHDVから

AVCHDにシフトする可能性も大です。

 

テープ時代がここまで早く終焉を迎えることになるとは・・・

 

ADOBECS4で更なるシームレスワークフローを提案していました。詳細はまた書きます。

来週のADOBEセミナーに参加してから、更なる効率的なデジタルワークフローを追求いたします~

 

 


cs4-2pg.jpg

↑ADOBEもかなり盛り上がってました。

 

ちなみにCanonは、一時期の勢い空しく、新しいものはなかったです。

唯一、HDVをいまだにテープで頑張ってました。

またVictorですが、僕はHD-100の形が大好きで、できればこの後継種でメモリカメラになれば・・・なんて妄想してて・・・でも実際はS×SのレコーダーアクセサリーをHD-200につけて、

参考商品で出してました。

 

あ、そうそう、REDもいろいろ頑張ってます。来年、エピックとスカーレットが

すごいことになりそうで、嵐の予感。RED-ONEは去年は1台だったけど、

今年は10台以上会場でゴロゴロしてました。

欲しいなぁ~って、そういえばADOBEの人に聞いたら、R3Dコーデックのネイティブ化は

今キューピッチで行っているそうです。JIMの言う8月とは、実は来年だったりして~

 

とにかく書くことも大変なくらい&まだまだ実は書きたいことありで、

いろいろありすぎのINTERBEEでした。

 

%d bloggers like this: