Select Page

ダイジェストその③です。
ダイジェスト①ダイジェスト②も見てくださいねー)

かなりの人が集まったADOBEブース。
今年はCS6の発表ということもあって、大きな話題を集めていました。
ADOBEはCS6のリリースに併せて、プレゼンテーションを大々的に展開。
著名人を含めて、新しい製品の魅力を伝えていました。

↑常に人で一杯だった、ADOBEブース。プレゼンテーションの質はかなりよかったと思います。

今回リリースされるCS6はかなりの進化になっております。特にPremiere ProとAfter Effectsは
4Kソリューションをしっかりと再現できる安定感をもっています。
Premiere Proの大きな特徴は「シンプルでカスタマイズしやすい」UIです。
素材のサムネイルを表示させることだけでなく、スクラブでサムネイル上再生させることができます。
JKLも使えますし、とても完成度が高いですね。
またキャプチャカードとの相性も抜群で、BMDやAJA、Bluefish444などとの安定感は抜群です。

After Effectsは遂にレイトレースレンダラーを搭載。また3次元のカメラトラッカーにも注目です。
おそらくこの新しいトラッカーの機能だけでも、今回の製品を購入する意味があるでしょう。
(このトラッカーについては追ってまた書きますね!)
またキャッシュ機能も飛躍的に進化しております。すごい!!AE!!最強のコンポジットツールだ!

↑著名人といえばこの人、アンドリュー・クレーマー氏。Video Copilotのファンは日本にも多いはず。

↑今回からバンドルされることになったカラコレツールのSpeedGrade。

そして今回から2つの新しいソフトウエアがバンドルされることになりました。
一つがハイエンドカレーコレクションツールの「SpeedGrade」です。昨年Adobe社の買収でうわさになりましが、
色補正の重要性は大判センサーのカメラが主流になりつつある今、非常に需要が高いと思います。

もう一つのツールが「Prelude」です。これは編集に入る前の素材管理ソフトで、
カメラからの収録素材のインジェストやメタデータの管理などをPremiere Proを使う前に
使用するソフトウエアです。カメラの台数が多い時や、収録システムが複雑の時は役に立つことでしょう。

とにかくあらゆるカードとの相性、カメラデータとの相性が良くなっていますので、
「快適なネイティブ編集」をCS6では実現することができます。

↑Bluefish444のブース。RED5Kの映像が快適に動いていました。すごい!!

↑AJAのブース。こちらは4Kのモニターアウトがリアルタイムで!!これはもっとすごい!!

↑そしてそして、SONYブース。なんとF65のRAWファイルもネイティブで!!すご過ぎるぞ!!!

いやはやPremiere Pro&After Effectsによるワークフローは今のところ「完璧」です。
セミナーで登壇したヴィンセント・ラフォーレ氏も「Adobe無しでは考えられない」と
自らのワークフローについて語っていました。
また映画「ヒューゴの不思議な発明」のVFXスーパーバーイザーでアカデミー賞を取ったレガート氏も
「最強のワークフロー」と言わしめるクオリティは間違いなく多くの評価を得ることになるでしょう。

↑今回発表になったZ820。これが最強のPCですねー。遂にUSB3.0にマザーボードが対応しました!!

HPのZ820も発表になり、いよいよデスクトップの力が凄いことになりそうです。たのしみー
というか欲しい!!!!

ここでちょっと余談ですが、帰りの駐車場で面白い人と遭遇しました。
なんとカラコレのために車を改造した「オンセットグレーディング車」です。
おもしろい~

↑ベンツを改造して!オンセットグレーディング専用の車に!

↑MIL代表のタイソン氏。詳細は www.MILdigital.com 車内はスタジオに。

遂に時代はここまで進化してしまいました。カラコレを現地で!更にLUTを作れるというのは
今のワークフローらしい ですね。ファイルベースならではのビジネスです。
ちなみに車内には2台のMACPROがあって、一台はインジェスト用だそうで、よくできていました。
高級感もあって、革張りの椅子はDPやディレクターにくつろいで画をみてもらうためだそうです。

↑そしてNICT。3Dの様子はお見せできませんが、すごかった!

これもちょっと補足ですが、日本の技術力もすごいです。NICTが展示していた裸眼3Dです。
200視点による裸眼ディスプレーは、本当に回りこみまで表現できる3D映像を流していました。
今まで見たことのない3D映像を体験しました。

いやぁぁぁNABだからこそ体験できた日本の技術力でした!

次回はSONYとPanasonicなどの老舗ブースについて触れます!

%d bloggers like this: