Select Page

 

仕事で一度制作した作品を、NTSCからPALに変換する作業をすることになった。

 

局で働いているときは、いつも、いわゆる「PAL変換機械」のような

ハードウエアエンコーダーをかけて、一本10万位の値段で業者にお願いしていた。

 

当時はPAL変換は高価なものという意識が強く、しかも映像はひどく汚くそして、

カクカクしたものになってしまっていた。

よく、海外からの映像とかで画が汚いものをみると、

「あーPAL変換してんだなー」ってすぐに分かってしまう。

 

 

さて、今回PAL変換をするにあたり、単に映像を720×480からPALの720×576に

引き伸ばして、フレーム補完をかける作業をしたくなかった。なぜかというと、

画が汚くなってしまうし、画の大きさが縦に大きくなることで、

余白のバランスが非常に悪くなってしまうからだ。

 

 

手抜きはしたくない、我が同僚のキャプテン氏も「引き伸ばせばすぐに終わるけど、

僕らの作品なので作り直します」と意気込んでくれた。

 

 

というわけで、今回僕らが取ったワークフローを簡単にここで紹介したい。

 

 

そもそも映像の収録は当然29.97のノンドロップで行っている。

HDVの1440からSDに変換しているので、PALの画に合わせるときもHDVの素材からやり直した。

キャプテン氏いわく、「結構な作業」であった。

 

NTSCの方が画が小さいので…もう一度HDの大きさからダウンコンすることで、

画のクオリティを保つことができる。そしてフレーム補完は、アフターエフェクトだ。

PALのコンポジションに、そのままNTSCの素材を入れ込めば、

一気に変換することができるのだ!!!

 

 


pal.JPG

 

 

ただ、カットのお尻に1フレーム画が切れてしまうバグを発見。

3分弱のクリップで約2箇所ほど、このバグが出てしまう。

一度書き出してから、その部分を切る必要があるので、ちょっと厄介であった…うーん残念。

でもあの、汚くて、高価なPAL変換といイメージは払拭。

やっぱりノンリニアの方がずっとやりやすくて、お手軽でありました。

 

 

全部で20本弱を変換する、今回の仕事。

 

まだ4本しか出来てねー!キャプテン頼んだ~!

%d bloggers like this: