Select Page

先週自由が丘で撮影を行った。

 

SONYの新しいHDVのカメラを使用することにした。

 

使った機材は全部で4カメ。

 

①HVR-S270J 

②HVR-Z7J 

③HVR-V1J 

④HDR-HC3 の4台。

 

初めて270とZ7を使ったのでちょっと楽しかった。

撮影の内容は男性美容のスタイリングムービー。

270をメインカメラに置き、Z7をヨリカメに設定。

V1はハンディカメラとして使用し、HC3は天井のトラスに

万力で固定して天カメとして使った。

 

今回はHDVカメラの新旧織り交ぜた方法での撮影だったので、

比較も含めてかなり面白かった。

特に270とZ7の画面のきれいさには驚いた。

現在マルチカメラで編集するとなると、やはりノンリニアのソフトが

ネイティブに対応している方式で行うのが効率的である。

 

Panasonic社のP2フォーマットや、AVCHDのような

記録方式も1920フルで撮影できることから、非常に魅力的だが、

やはり編集のワークフローが非常に面倒であることは否めない。

その点、ノンリニア編集においてHDVの強みは依然大きい。

 

1440とはいえ、今回使用した新機種2台の性能にはかなり満足だった。

特にメモリーユニットを搭載しているところが思わぬ利点を

もたらしてくれたのだった。

今回グリーンバックでの合成撮影も行ったのだが、

グリーンバック部分だけをメモリーに記録し、

その場でPCのAfter Effectsで合成の確認が行えた!ナイスSONY!

 

http://www.sony.jp/products/Professional/c_c/hdv/ でカメラの詳細をどうぞ。

撮影は来週もあるので、HDVのワークフローも含めた話はまた今度。とりあえず一発目ということで~

%d bloggers like this: