Select Page

作品をつくる上で、大切なのが構成だ。

人を楽しませるための演出ができないと、どんな綺麗な映像をもってしても

それを台無しにしてしまう。

 

僕は作品作りを「パズル」だと思っている。

 

撮影に臨む前に必要なパズルのピースが何かを考え、そして編集という段階で

そのパズルを組み立てる。構成を立てるということは、自分でパズルをつくることを意味するのだ。

そんなパズルのピースとピースをつなげる要素が二つある。

それが「音楽」と「原稿」だ。「音楽」については今後触れるが(これは兄の専門なので・・・)、

原稿がいかに大切か、そしていかに作品のイメージを左右するか、知っておく必要がある。

 

編集の段階で、どの部分の同録を活かすか、そしてどこにナレーションを入れ込むかを

効果的に考え、そして視聴者に一番訴える方法で作品を演出する。

同録だけではスピード感は増さないし、ナレーションが多いとリアルさに欠けてしまう。

特にドキュメンタリーを得意とする、僕の編集の醍醐味は原稿にある。

 

 


script.jpg 

↑多いときで5000字を超える原稿。いつも悩んで大変~

 

原稿を書くことは、僕が局にいたときはいわゆる「放送作家」の人の仕事だったけど、

これに関しては、経験がものを言う。だから人任せはいけない。

僕もナレーション入れ、MAの仕事は今まで相当な数をこなしてきたが、

ナレータの人にCUEを出すのが一番楽しい。

 

言い回しを盗んで、かっこいい表現を考えて、本読んで、

そしていつの日か、目指せアカデミー脚本賞~!

%d bloggers like this: