Select Page

ちょっと目を疑った。

来年出るとされる「REDスカーレット」の購入を目指して、

最新情報をいつもREDのホームページでチェックしている。

と、その時・・・「adobe support…」の文字が…!

 

オークリーの創設者で、REDを立ち上げたジム・ジャナード本人の言葉があった。

「今週中にもR3D(REDコーデック)がCS3のプレミアとアフターエフェクトにネイティブに対応します

って、おいおいおいおいおい!なんてことだ~

 

 

 RED.jpg

 

↑社長自らのコメント。偽りはないでしょう。http://www.red.com

 

 

つい最近ようやくXDCAMがCS3に対応して、2Kの編集が楽になるなーなんて思っていたら、

もう、4Kのファイルがネイティブでププレミアに乗るなんて、信じられません。

これで4Kのデータのオフラインからオンラインまでパソコンでできちゃいます。

しかも、アフターエフェクトにも対応しているということは、グリーンバックの処理など、

すごいことがお手軽にできでしまう・・・膨大なファイル変換がないというだけで、

確実なワークフローを組み立てられます。

 

今まで4KファイルのCG処理はIQなどの高価なマシンがないとできませんでしたが

これで、一気にPCで出力が可能になってしまった、ということに!

 

なんと恐ろしい時代!

 

前にも、ここで記したことがありましたが、REDはCFカードやハードディスクに

最高4Kの大きさのムービーを収録できるカメラ。

SONYやPanasonicなどといった、リーディングカンパニーを凌ぐ「性能」と「可能性」を持つ

デジタルシネマカメラとして一目を置かれています。

 

今回ネイティブでCS3上にファイルが乗ることで、一気にREDがデータカメラのトップへ

駆け上がるかもしれません。しかも来年でると言われる、3Kのスカーレットにいたっては、

本体だけで30万ちょっと。アクセサリーを含めても100万でそろえることができます。

これでHD以上の画質をもつと言うことは、これからほとんどのCM撮影は

このスカーレットで行われるでしょう。

 

今、上海問屋で350倍のCFカードが16Gで3万を切っています。

汎用メモリーを採用したREDの勝算はいかに???

問題はネイティブで編集するときの、必要スペックがどれくらいか要確認です。

おそらくADOBEからアップデートのお知らせが来ると思うので、可能になったら、早速検証してみます~

 

ってか、RED欲しい~欲しい~

%d bloggers like this: