Select Page

27.jpg不景気の風が吹きまくる昨今、安ければ良いという方向がここまで来るとは・・・。
KORGから出たnanoシリーズ。nanoKEYとnanoKONTOLを買ってみた。両方買っても1万円とちょっと。(実売nanoKEY4,980円、nanoKONTROL5,980円)特にnanoKONTORLは9本のフェーダーが4シーン(フリップ)計36chのフェーダーコントロールも出来る。もちろんムービングフェーダでは無いが、ツマミやボタンも値段の割りにいい感じで操作が出来る。
そしてnanoKEYに至ってはCC出しも出来るわけで、MIDIを受ける機材なら照明機材だって操れる。ポン出し用のコントローラーとしても十分使える。
nanoシリーズはとにかく小さいのでノートパソコンの前にちょこっと置けば、それでOK。新幹線の中で作曲も出来る。やってみたが注目の的だ。
ちなみに今回nanoKEYが何度USBの設定やドライバーの入れなおしをしても認識されなかった。やはり安いからか!とおもいきや、実は落とし穴が・・・。
PCに登録されているMIDIデバイスの順番が9番以内でないとこのnanoシリーズは認識されないこともあるらしい。私の場合はなんと29番目に登録されており、案の定認識されなかった。
KORGサイトでDLできるKORG MIDI DRIVER UTILITYでその順番は変えられるので、もし認識されないといった問題が起これば是非試してみて欲しい。
28.jpg
しかし、いろんなMIDIコンを持っているが、1万5千円したOXGEN V8が高く感じてしまうのは完全に感覚がおかしくなっている・・・。

%d bloggers like this: