Select Page

久しぶりの撮影があった。

そして、今回は大掛かりにスチルの照明を持ち込んだ。
ムービー用にはアイランプを2台入れたが、少々難があった。
まず、今日使ったアイランプはあくまでもスチルの照明であるということだ。
やはりムービー用の照明には色が濃すぎた。つまりオレンジが強い。
WBを合わせても、全体的に茶色が強くなってしまう。
もちろん撮影クオリティにはまったく問題はなかったが、個人的にはすこし引っかかった。
ダウンライトや、アイランプといった暖色系の光では、肌色がきちんと表現できないことが
よく分かった。WBをどこにあわせても、うまくいかない。やはり理想は白色光なのだ。
aks01.jpg
↑今回持ち込んだ照明の数々。美容系の撮影だったため、かなりのライトを入れた。
ムービー用の照明はまったく違う。ことに外光をいちばん得意とする動画。
HDVはカラースペースが4:2:0だし、まだまだ色表現はHDの中では弱い。
WEBにはもってこいのHDV。今撮影素材を1920で出力して、ラッシュしていて、
まだまだ1920にはサブとしての役割にしかならんなーと実感。
ともあれ撮影はほぼ完璧に終了~これから編集であります。
がんばりまーす。
%d bloggers like this: