Select Page

先日のベンチマークで、我が最強のオプテロンマシン(280×2)が

11分台の最低タイムをたたき出したのにも関わらず、
ノートPCのことで頭が一杯で、「何故こんなに遅いのか?」という
大切な論点に結論をつけていませんでした。
早速兄から「そりゃねーだろ」と言われ、夜な夜な理由を突き詰めてみました。
やはり、レンダリングの設定と、PCの気分?もあるのでしょうか?
と思ったら、メモリの設定に不足が!!!!
設定項目のメモリ&キャッシュの数字が最大に設定されていませんでした。
メモリの設定を直して、もう一度やってみたら普通に2分30秒で完了。
WINマシンでは当然最速でした。
ベンチ直し.jpg
↑レンダリング6番がOPTERON280×2で再度レンダリングをした結果です。
MACが早い理由はレンダリング設定が今回QTであったことが挙げられます。
本当はAVIで書き出しをしたかったのですが、MACの設定では出来ないので、
比較を可能にするためこのような結果になった次第です。
現在のCPUはこれ以上に早いものがたくさんありますが、一応、補足としてOPTERONの
実力に太鼓判を押させていただきます。
ノートの方は、HDのレンダリングでたびたびメモリーエラーが出ています。
こいつのメモリー&キャッシュの設定もいろいろと変えて、最適化を目指します~
そもそもグラフィックカードが違う条件で、メモリもまちまちというところで
純粋なCPUベンチマーク比較になっていませんでした。
比較したいところ以外の設定や条件を揃えることに細心の注意を~失礼しました!
ここで一句。
ベンチマーク かならずやるとき 慎重に。
%d bloggers like this: