Select Page

先週のInter-BEEでも話題になっていた各メーカーの

新しいカメラやソフトウエアは、明らかに今後の映像制作における

ワークフローに大きな変化をもたらすことになるだろう。

 

コンセプトは間違いなく「テープレス化」と「効率化」だ。

HDVから始まるテープ時代も、REDやP2、ED-CAMの登場で

大きく時代の変化を迎えようとしているし、高速CPUや大容量メモリーの

普及でソフトウエアの進化も著しい。

 

今回、そんな象徴だったのがADOBEのCS4シリーズの発表と

AVCCAM、そしてZ5Jが発売されることになったことだ。

 

先日まだ未発売のZ5Jのセミナーに参加した。

あまりInter-BEEでは感動しなかったZ5J。少々印象が変わった。

本来ならばテープ収録であるHDVがメモリとハイブリッドで撮れるのが

特徴のカメラ。今年の初めに、既に270JやZ7Jなどが発売になったが、

もっと軽く、そして新しいレンズを搭載しての発売になった。

まだ「テープ」神話から抜け出せない僕らにとって「ハイブリッド」とは

とても魅力的であるのかも??

バックアップをとりつつも、キャプチャー時間を大幅に削減できる

イカスカメラ候補ですかね。

 

z5J.jpg

↑Z5J-12月頭に発売だそうです。メモリーユニットをつけると55万円前後。

 

前回のブログでも少し触れたが、Panasonicは完全メモリーカメラである

155というカメラを既に発売している。すぐに100%メモリーカメラに

移行するのが怖いユーザーは、こっちを選ぶのか???

 

CFカードも安くなっているし、恐らくHDVの最終型といえるのがZ5Jだろう。

ちなみにその画質はかなりいい。たしかにGOPの崩れはAVCHDにくらべあるものの、

決して侮れないカメラであることは間違いない。

今のところZ5Jと155が対抗機であるといえるだろう。

 

夕方、ADOBE開催のCS4発表会に参加。Inter-BEEとほとんど同じ内容の

プレゼンであったが、今回の新機能も相変わらず「効率的」であった。

いよいよAEとPRのコンポやシーケンスが一気にバッチレンダリングが

できるようになったのは嬉しい。


cs4.jpg

500人以上は参加していたADOBEセミナー。大賑わい~

Inter-BEEに出展していなかったAPPLE・・・影で必死になっているのだろうか??

%d bloggers like this: