Select Page

正直、編集は頭の中でバンバンと組み立てていくタイプなので、

画コンテは、あまり描かない。
しかし、「不必要か?」というと、やっぱり「必要」なものだ。
画コンテを描く理由は、大きく2つある。
①自分のイメージを確認。これにより撮影に取りこぼしがなくなる。
②他人に自分のイメージをアピール。プレゼンはほとんどこれで決まる。
もし他人に事前から撮る内容を説明しなくていい作品ならば、
画コンテはいらないかもしれないが、描くことで、センスは間違いなく上達する。
先日、CMのプレゼンの準備で、画コンテを社内みんなで描きまくった。
そうすると、やはりアイディアに他の人のフレーバーが加わって、
どんどんと内容が濃くなっていくことを実感した。
特に15秒などの、内容がぎっしりと詰まっているCMなどは
画コンテ勝負といえる。
conte.jpg
↑かなりの画コンテをみんなで煮詰めました~
CGや合成などの技術をどう活かすか?これも画コンテだよりだ。
画が苦手な人は、イメージ写真を活用してもいい。
やはり、どんな映像作品をつくる前にコンテや構成を画で書き留める習慣は
つけたほうがいい。というか、画コンテは描かなければならない。
新しくなったmarimoRECORDSのHPのTOPムービー。
今回は合成マニアのキャプテン氏が2日間の空いた時間で作ったそうだ。
やはり画コンテが決定的だったみたい。かっこいいー!
conte02.jpg
↑イメージ通り?の画コンテでございます
漫画を読むことも画割りやコンテの勉強になるので、
いっぱい読んじゃって~
画コンテも描いちゃって~
%d bloggers like this: