Select Page

発売日を前にCS4が事務所に届きました。

とりあえずまッサラなPCに早速インストール。

CORE2DUO E8500を積んだ廉価マシン。メモリは4G。グラフィックはNVIDIA9600GT。

 

一番試したかったのは、やはりAVCHDのPremiereでの動作具合ですね~。

Inter-BEEではXEON4×2のオクタコアではサクサク動いていたので、

これがCORE2DUOでどう動くのかがとても気になってました。

 

で、結局のところ・・・うーん・・・再生はするものの、画のノイズ具合はひどい。

これでは編集作業には入れません。やっぱマシンのスペックにかなり依存するんだな~

HDV並みのお手軽さはまだありません。

ただAfterEffectsでもMTSファイルがそのまま読めるので、もちろん今後に期待です。

CS3が出たときも、HDVの足回りがかなり悪くて、UPDATEで相当改善された経緯もあるので・・・

 

あと面白いと感じていた「スピーチ機能」。音声認識技術を駆使して、同録の言葉をメタデータにする

驚きのNEWファンクション。早速、いろいろしゃべってみたファイルを日本語解析。

え~結果としては、これも即戦力とは言いがたく・・・ちょっと残念。ただ、上手い使い方が

あるはずなので、これから模索しましょう~

 

 


CS401.jpg

 

↑一長一短??でも作業効率はかなりUP。確実に進化を遂げるCSシリーズ。

 

 

で悪いところばかりではありません、もちろん。

個人的な最高の機能は、メディアエンコーダーがスタンドアローンのソフトになったこと。

AfterEffectsのコンポジションやPremiereのタイムラインが読み込めて、

バッチレンダリングが可能になりました!かなりいけてます。

 

もうひとつの最高の機能は、PremiereとAfterEffectsのダイナミックリンクが強化され、

ファイルにレンダリングする必要が、この2つの間ではほとんど必要がなくなった!スゴイ!

そしてENCOREにもPremiereのタイムラインが読めるようになりました。待望の機能です。

BDのオーサリングについては次回にお知らせします。これも超楽しみッス!

今使っているマシンのBDドライブの引越しを、年内目標でやります。

 

ともあれ、私のような、PremiereとAfterEffectsを連動させて作業をしている人は、

買いのバージョンとなりました。Afterのカートゥーンエフェクトやモカなどもこれから試してみます~

 

CS4は明日発売でーす。

 

 

%d bloggers like this: