Select Page

前回も少し触れましたが、

REDを使った撮影で、HDVも一緒に使いました。

全部で4カメ回して、スイッチング編集です。

今回は270Jを2台とZ7J(クレーン)、Z5J(ハンディ)で

全てハイブリッド記録をしました。

 

 2vcams.jpg

↑HDVは編集ワークフローに大変優れています~

 

やはり実時間かけてテープをデジタイズするのは時代に即さないですが

メモリーだけだと、ちょっとまだ「怖い」ということで

両方で記録できるHDVのカメラを使いました。

3台ともMRC1を装着しました。CFカードを使えるのが最大の利点です。

 

S×SやP2はいまだに16Gで10万円付近、

さらに30分程度までしか記録できないという「非効率的」なメディア…

しかし今回は16GのCFに70分以上の素材を記録できる!

このシステムで、4カメ分のキャプチャもわずか1時間で全てを

Premiereのタイムラインに乗せることができました~

しかもテープにバックアップが撮れているので、相当精神的に安心で、

少々の画像の悪さ(XDカムやP2に比べ)よりも、むしろこっちの

ワークフローの方が過渡期の今、選択肢として「正解」のように思えます。

 

ところが、このMRC1の弱点を発見しました。

4カメでクリップ数は約200。その中で3つほど、記録のドロップ(記録されない)

素材がありました。

もちろんバックアップのテープがあるのでそこからキャプチャしましたが、

これはちょっと恐ろしい事実です。メモリーの問題か??あるいはハードの問題か?

SONYの純正CFでも同じことが起きたので後者のような気もします。

 

あとは頭のRECが少し欠けることがあります。

これに関しては余白を大目にRECすればOKなので問題は回避できます。

それとフォーマットがFAT32なので4G以上のクリップは分割されてしまいます。

尺にしておおよそ20分です。

分割されると、中には1フレームドロップしてしまうことがありました。

まぁ、20分回すのはインタビューぐらいの場面なので、

僕自身はそれほど気にはなりません。

 

というような、短所を鑑みても…やはり今はハイブリッドの安心感が

制作現場に必要!と実感しました。

とはいえ、収録後すぐ編集というのもカラダに悪いぜぇ…

%d bloggers like this: