Select Page

CANONのEOS 5DでHDサイズの動画が撮れるということで

いろんな人が35mmのレンズでの撮影をしてますねー

僕らはNIKON派なので、ちょっと指を加えて見てました。

そんな中、NIKONのD90を使う機会があったので、早速動画機能を

試してみました。

使ったレンズは、ズバリ、シフトレンズ。そう、ミニチュア動画に挑戦!

 

 D90.jpg

↑ずっとやってみたかった~シフトレンズを使った撮影

 

NIKONの動画機能としては、1280*720の24P。

フォーカスはマニュアルしか効かず、ちょっと残念。

いわゆるライブビュー時でしか動画撮影ができないので

ファインダーを使った撮影ができず、これもちょっと残念。

ただ、35mmのボケ足を撮れるということで、

さらには数多くのレンズを使うことができるので、撮影に幅が出ます。

 

撮影した動画をUPしましたので、見てください

こちら。


しかし…編集時に問題が。

AVI形式で圧縮されるムービーですが、PCでの再生に難ありです。

途中で強制終了されたり、映像にノイズが入ったり、音もむちゃくちゃです。

さらにPremiereやAEにのせても同じで、再生どころか編集もままならない状態です。

上記の映像は無理矢理AEでレンダリングしたものです。

それでもノイズがあるのがよくわかります~

 

まだ一眼レフでの動画撮影はあくまでも「おまけ機能」に過ぎないのでしょうか???

ちょっと期待していた分、残念な結果でした…

でもこの手のカメラはこれからどんどん進化していくんだろうな~

%d bloggers like this: