Select Page

平行して作業が進むと、どうしてもPCが一台では足りません。

うちのスタジオには僕が使っているWinマシンだけで5台あります。

ただ、CS4とCS3が入り混じっているので、ファイルの転送や

作業の配分でいつも頭を使います。

しかし、CS4はとても優秀で、AEの作業をうまく振り分けることができるのです。

それは、「MediaEncorder(ME)」を活用します。

 

AEのプロジェクトが多岐にわたる場合、今まではひつのプロジェクトがレンダリングに入ると

そのレンダリングが終わるまで待たなければいけませんでした。

そのため僕は複数台のPCを使って、レンダリングに入ったら、違うPCで他の作業をしたりしていました。

 

ところがMEがスタンドアローンのソフトウエアになり、AEのコンポジションを

そのまま書き出したい拡張子に、好きなだけバッチ処理で書き出せるようになりました。

 

reder1.jpg

↑AEとMediaEncorder 2つ同時にバッチレンダリングします。すごく効率的です。

 

これでAEとMEの両方がAEのコンポジションをバッチレンダリングできるので、

作業が終わった最初のプロイジェクトをMEでバックグラウンドレンダリングさせて、

AEで次の作業に入ることができるようになりました!

 

MEにはさまざまなプリセットが用意されているので、YouTube用やPSPなどの

最適化されたエンコードも可能なので、とても便利です。

もちろんPremiereのタイムラインも読み込むので、恐ろしいほどレンダリングができます。

 

これに慣れてしまって、ワークフローがとても効率的になりました。

CS3には到底戻れません・・・CS4万歳!

%d bloggers like this: