Select Page

撮影でクレーンを使いました。6mのミドルクラスで代表的なフォクシークレーンです。

やはり「人間の視野」の範囲を超えるショットにはクレーンなどの特機は必需品です。
REDでの撮影で、前回同様ポールにカメラマンをお願いしました。
4Kの編集が64ビットになって、ちょっと「出来る」ようになり、REDの需要がドンドンと
あがっていることは間違いないと思います。
crane01.jpg
↑6mくらいになると、かなりいいショットが取れます。
フォクシークレーンを使った感想として 「機動力」が意外にあったことです。
スタインバイ時間も短くてよかったのが嬉しい出来事で、一日で6箇所の撮影を
クレーンですることができました。REDはリモートで動かせないので、人乗りで撮影。
いい画が沢山取れました。特に10mmのレンズは大活躍でした。
クレーンにはワイドレンズがマストですね。
crane02.jpg
↑今回もCANONのレンズを使用。全く問題なしでした。長丁場の撮影でした。ポールお疲れさん。
天気がいまいちで、ちょっと残念でしたが、クレーンスタッフのみなさんには感謝です。
ただいまR3Dのファイルをコピー中です。これから編集です。がんばるぞー。
%d bloggers like this: