Select Page


安定して動いているマシンが、突然何かの原因で、不安定になると、色々と原因を考えてしまう。
今回、スタジオのマシンが突然サーバーにつながらなくなった、インターネットにはつながるし、他のパソコンにもつながる、だけど、サーバーだけにはつながらないのだ。仕事でデータを映像チームにハンドリングしたり、アーカイブするのにサーバーに繋がらないのは不便極まりない。
しかも起動後、5分くらいはつながるのだが、ある一定の時間を越すとつながらなくなる・・・。。
意味不明だ。ただ、幸いなことにCUBASE、NUENDOはサーバーにつなごうとしなければサクサク動く。
これは完全にネットワークの問題っぽい。で、IPを固定にしてみたり、ウイルスソフトを外したりしてみた、なんとなく効果が出たので、しばらくそのままで仕事したら、今度は起動後1時間くらいして繋がらなくなる。
たちの悪いトラブルだ。
で、禁断のWINDOWSアップデートをかけることにした。これは禁断で、アップデートをかけたことで不具合が出ることも多々ある。
以前はアップデートしたために、大切なプラグインが立ち上がらない、プラグインの起動に異常に時間がかかるといったことが生じた。最悪なのはホストアプリが動きが悪くなる、立ち上がらないといったことだってある。アップデートは勇気がいる。これは私にとって最終兵器みたいなもの。
で、清水の舞台から飛び降りる覚悟でアップデートをやってみた。最悪は復元ポイントでバックデートすればいいのだが、必ず戻る保証は無い。
が、アップデートが簡単に出来ない。今まで安定していたので、アップデートはかけていなかった。で、どうも90項目以上のアップデーターが当てられることになったようなのだ。パッチを当てる順番があるようで、アップデート作業ががちょくちょく止まる。
WINDOWS LIVEのアップデートだけは避けて、順番を試行錯誤すること2時間・・・。
やっとのことでアップデート作業完了!
で、作業をすること数時間、ちゃんとサーバーに繋がる!ほっとしたが、これじゃ、WINDOWS環境で制作しようって思うクリエーターは減るよなぁ、と実感。
でも、NUENDO5、CUBASE5はWINDOWS環境にはマッチしてるんだよなぁ。

%d bloggers like this: