Select Page


スタジオモニターで同軸といえばMusikelectronic GeithainのRL901が有名。個人的にも、将来導入してみたいモニターだ。
同軸スピーカーは定位感と高解像度であるといった印象がある。RL901はいくつかのスタジオでも経験させてもらったが、同軸の良さはいつも感じていた。もちろん長所ばかりではなく、短所もあるが、マスタリングやミックス作業のときには、同軸は合っているように思う。もちろん個人的印象だが・・・。そして、いつかは同軸!といったことも考えていたさなか、すばらしい同軸モニターに出合った!
いままで聞いたことの無いドイツのメーカでKS Digital社のC5-Coaxというモニターだ。
InterBEEで試聴させてもらったときにオーラトーンか?と思ったあのモニターだ。
しばらく使ってみて欲しいとのこと試用させてもらったのだが、これが予想以上に良い。定位感、解像度もすばらしい。気になった低音の再生能力も思った以上によかった。
で、気になったのがC5-Coaxは5inchウーハーなのだ。ちょっと小さいのだが、この上位機種にC8-Coaxという8inchのものがあるらしい。低音再生能力もC5-Coax以上に期待できそう。
まだ両者とも日本では発売はされていないのだが、お値段も思ったよりお手頃とのこと。
早速、デモ機をお願いしたのは言うまでも無いが、ドイツから届くのはちょっと先になりそう。
うちのスタジオにフィットするか楽しみだ!

%d bloggers like this: