Select Page

今までHDVなどにおける、ミドルクラスハンドヘルドカメラの

カラーサンプリングは4:2:0というのが常識でした。

今回キヤノンから発売されるXシリーズのカメラ、XF305とXF300は

なんと4:2:2のカラーサンプリングを持つ、「待望」のカメラです。

XF305とXF300の違いはゲンロックやHDSDIといったインターフェースがあるかないかみたいです。

結構欲しいカメラの一台になるかも!あとは感度ですね~実機が早くみたい~

 

xf300-550x392.jpg

 

http://cweb.canon.jp/prodv/lineup/xf305/index.html

xf305.jpg

↑キヤノンのHPから。筐体はXLシリーズに似ている

 

それにしてもファイルベースのカメラがどんどんと主流になりつつありますね。

MPEG2の採用で50Mbpsというハイビットレートを実現。

数字だけみると、HDVの約2倍の綺麗さをもつこのカメラの実力はいかに??

CFカードを採用しているのも、嬉しい仕様です。

 

どんどんと新しいカメラ登場しますね~NABも始まりますし、ちょっと楽しみです。

%d bloggers like this: