Select Page

SDでやWEBで納品がわかっている場合、グリーンバックの撮影にちょっとした裏技がある。

それが「縦撮り」だ。


実は裏技といっても、HDのサイズを利用した応用といってもいい。

人物などのFFをグリーンバックで撮影したい場合、

せっかくの16:9を活かすためにもHDカメラを思い切って90度傾けてしまおう!

つまり16:9ではなく、9:16にしてしまう。


どうせAfterEffectsで加工するのだから、この際被写体のサイズを稼ぐためにも、

人が画面いっぱいに入れば、よりきれいに素材を撮影することができる。

HDの縦の大きさは1080であるため、カメラを縦にして撮影しても

SDの横の大きさ、720より大きく撮影できるということなのだ。


こうしておけば、FFでも十分使えるし、BSのサイズに寄ることもできる。

一回の撮影で、寄り引きのカメラ割りが可能になるので、とても楽だ。


しかしここで問題がある。普通のカメラ三脚だと、カメラを90度傾けることはできない・・・

そこで使うのが写真用の三脚だ。写真の世界ではもちろんカメラを縦に使うことがよくある。

そして三脚ももちろん縦に雲台を傾けることが可能!

ということで、グリーンバック撮影の際は写真用三脚を購入しましょう~

別にワークする必要がないので、安いやつで十分ですよ~




tatedori1.jpg

↑ 写真はカメラ三脚とZ7J。縦撮りはこんな感じです。

%d bloggers like this: