Select Page

今年の3月に初めてRED-ONEを触った。噂の4Kデジタルシネマカメラだ。


あまりにも、安価でそして、高性能ということで、直ぐに撮影に入った。

そんなREDのカメラが今ようやく日本に続々と入っていきている。

CMやミュージックビデオなど、いままでフィルムで撮られていたものが

ほとんど、全てこれに代わってしまうことは間違いないだろう。


大手カメラレンタル会社で借りられるようになったのが、つい先月くらいから。

このアメリカ・オークレーのカメラがこれからのデジタルビデオカメラのあり方を

変えていくだろう。一日8万円程度で借りられる。むむむむむ。




redone_9.jpg

http://www.red.com/


そもそもテープやフィルムで撮影していたものが、今HDDやメモリーに移行している。

日本の各メーカーからも、次々とHDDやメモリー搭載のカメラが発売となり、

HD画質の映像が身近になってきている。


まだ、編集のワークフローや、メモリー単価の高さ、コーデックの乱立などで

「これぞ!」というカメラは登場していないが、REDはいきなり、CFで4Kの映像を

バンバン収録できるという日本のどのメーカーも考えつかなかったクオリティーを

成し遂げてしまった。


4月にREDで撮影する仕事があった。確かにまだワークフローに難ありだったが、

その性能には驚いた。撮影も素晴らしく、そのときつけたマスタープライムのレンズの性能が

十二分に発揮された。4Kの時代到来の予感・・・


HDDに4Kが2時間以上も撮影できるし、カメラ本体はたったの300万。

さらにはNABで来年のラインナップも発表され(これらがまたすごい・・・スカーレットは

実売40万円前後らしい。3Kのカメラなのに!!)、

カメラ世界を圧倒していたSONY、Panasonicの時代は、これから混沌となっていくのだ~

S×SとかP2とかで開発しないで、SDやCFで撮れるカメラをどんどん作ってくれー。

%d bloggers like this: