Select Page

遂に待望のPremiere4.1.0がリリースされました!

R3D素材のソース設定で、カラコレがメタデータで

できるようになっています。

かなりの進歩!!REDユーザーには大きな可能性を与える機能です。

 

 410.jpg

REDCINEとの比較をしなければ…

 

ただインターフェースはREDCINEの方が使いやすいですが、

メタデータでの編集になるので、とことん突き詰めてカラコレができます。

最後に書き出すまで、直すことができるこの強みは大きい!!

ぎりぎりまで色を決められるので、制作に幅がでます。

いちいちQTやTIFFシーケンスに書き出す必要がなくなるので

ディスクスペースも相当節約できるのではないでしょうか??

 

これで4Kの時代がグッと近づきました。REDの時代です。

すげー!

 

ちなみに4.1.0のアップデータをインストールする際に

見えないところで「ADOBE BRIDGE」が立ち上がっている可能性があります。

VISTAを使用している人はタスクマネージャーのプロセス内のBridgeを終了させないと

インストールが完了しませんのでご注意を。

REDのページにもREDCODE1.7がありますので、PCに入れちゃってください。

 

FINAL CUTとの差が少し広がってきましたね~むむむむ。

早くVISTAではなく、Windows7にしてー。

%d bloggers like this: