Select Page

昨日5月20日にいよいよCS5.5が発売になりました!
新しい機能が満載のCS5.5は本当に使い勝手がよくなっております。
六本木ヒルズのセミナーに参加していただいた方、ありがとうございました。

さて僕がCS5.5の新機能で個人的にうれしいのは
AEの「ワープスタビライザー」と「REDの現像操作の向上」です。
特にR3Dデータのホワイトバランスをワンクリックで決められることや、
RGBのヒストグラム、そしてREDの最新のカラーサイエンスである
REDCOLOR2やREDガンマ2が使えるのがすごいです!


↑撮影の風景。最広角のシグマ8㎜-16㎜を使用。素晴らしいレンズです。


↑作品の切り抜き。4.5Kの映像です。ダイナミクスレンジの広さに驚きです。

やはりPremiereやAEで直接カラーグレーディングの操作パネルを開けて、RMDデータとして
各カットの色のメタデータを残せるのが素晴らしい点です。

最終レンダリングの直前まで、現像する前のデータをいじれるというのがイイ!


↑現像のパネル。PremiereでもAEでも搭載されている。本当に使いやすい!

ちなみにEPICの5K素材にも早くも対応です!

http://labs.adobe.com/technologies/redepic_importer/

それにしてもCS5.5は快適で、効率的なワークフローを実現してくれます!今回は5Dの映像も含めて
サクサクと編集を進められ、改めてすごいなって感じました。

↑5Dも素晴らしいカメラです!グリーン撮影もしました。現場で即編集!ノートPCでもサクサクでした。

%d bloggers like this: