Select Page

REDでCMを撮影しました。朝早かったので、眠いです・・・・
REDとTVの相性は本当に抜群です。
なぜならば、撮影する際に4KHDを選ぶことができて、
1:2でフルHDの画角とぴったりくるため、最強の画作りを狙えます。
3840*2160という1920*1080のちょうど4倍の面積の解像度で撮影が出来るということです。

それと、これは以前にも書きましたが、AfterEffectsのワープスタビライザーを使うことを前提にした
カットもありまして、4Kの映像の「使い方」も少しずつ変化している感じです。


↑レールを使いました。ちなみにローアングルのレールKIT、Libec LA-110です。最高!

↑フィルターは何種類も用意してあります。

今回画作りで実感したのは「NDフィルター」の重要性です。やはり外ロケではマストです。
今日はNo.8とNo.4を使いました。こういうときにEFマウントで撮影していると
マットボックスが要らないので本当に楽です。フォトレンズ万歳!
シャッタースピードはやはり120以上にすると動きが不自然になります。


↑PLフィルターも使いました。シュナイダーです。

それにしても今日もノートラブル。一安心です。後一日撮影があります~編集はその後!
Premiereでネイティブでガンガンですね!

%d bloggers like this: