Select Page

2Kで120Pのスーパースロー撮影で

やはり素材に大きく影響するのが照明だ。

今回は撮影監督の手配でARRIのデイライトを使った。

色温度は6000K~5000K。アイランプにB5フィルターを使ってガンガン炊く予定だったが

最終的にはARRIを4発使った撮影になった。

一番の懸念がやはりフリッカーだ。

今回はフリッカーフリーの電源を用いて、どこまでスローを表現できるかだった。

照明の技術者いわく「完全なフリッカーフリー」はあり得ないらしいが

画角や角度でも追い込んだ調整はできる。

しかし120Pとなると、話は少し変わってくる。

 

↑ARRI。相当明かりを稼げます。

yamae04.jpg

↑電源。4発使って、スタジオパンク寸前。


実際今回の撮影でも3分の1位の素材に弱くではあるがフリッカーが出てしまった。

もちろんカラコレ等でほぼ消すことができる範囲ではあるが、

僕ら撮影陣の大きな敵・フリッカー。

REDであっても、さすがに消すことは難しいのだ~

もちろんモニター環境も大切。

今回はREDのHDSDI-OUTの出力をAJAでHDMIに変換しそれを液晶モニターに出しました。

しかし・・・ARRIのデイライト4発でスタジオ電源が限界に・・・AJAの動作が不安定になってしまい

画面がガタガタに。

フリッカーなのか、何なのか、ワカラネーって感じで大変失礼いたしました~反省。

やっぱHD-SDIモニター要るねー。だよねー。


yamae05.jpg

↑AJAのコンバーターHi5。少し非力だったなー


%d bloggers like this: