Select Page

まずはこれを見てもらいたい。 

REDのカラコレツールであるREDCINEの最新トレイラーだ。 
まだ完成はしていないが、クリエイター心を相当くすぐる内容である。
 REDは4Kデジタルシネマカメラで、今かなりの話題になってきた。 
僕らが一年半前、日本での一号機で撮影をしたときは、まだ知名度も低く、 
相当な「じゃじゃ馬」であったことは間違いない。撮影も苦労の連続だった。 
RED?と思う人も沢山いる。SONYやPanasonicといった
歴代のカメラを
映像界に打ち出してきたメーカーとは全く異色の存在である。 
なぜここまで話題になったか?
それはもちろん4KをRAWで撮れるからであるが、
やはり一番の要素が「サポートの強さ」である。
サポートと一言にいうと、故障したときのサポートだったり、
カメラ自体の使い方を教えるとか、
そういうサポートが最初に頭に浮かぶだろう。 
しかしユーザーが一番求めているのは「買った後」にどれだけ 
そのカメラの価値を高めてくれるかなのである。 
REDは次々とファームウエアを更新する。じゃじゃ馬だったころから比べると 
今はすでにBuil17まで改良され、そのスペックはめまぐるしいほどに上がり、
そして安定している。
一年前に買ったカメラが常に新しい状態であるのがREDだ。 
さらにはサポートソフトウエアも次々と無料で提供される。
REDCINEもβバージョンとはいえ、
事実上全く問題なく使えるソフトだ。
ADOBEとの相性もどんどん良くなるし、Premiere4.1では、 
遂にはカラコレまでメタデータで行なうことができるようになった。 
またRED ROCKETが発売になれば、4Kのリアルタイム編集ソリューションが 
なんと一台のWINDOWSで完結する。
 
red-support.jpg
↑サポートソフトウエアの完成度はすごい。そしてその種類もすごい。 
18ヶ月前にREDを買ったユーザーは、今もってそのREDを「最新の」カメラとして
いることができる。
そしてもっとすごいのが、どんどんと開発されるソフトウエアや、
ハードウエアで
「信じられない」様なワークフローを手にすることができるのだ。
 「REDって使い悪いんでしょ?」ってよく聞かれるが、それはREDというカメラが 
知名度を上げてきた証拠であると思っている。 
まるで20年前に「CDって音悪いんでしょ?」といっていたアナログ世代の人たちの
言葉と
重ね合わせることができるだろう。 
 そして今年REDは更に「信じられない」カメラを市場に投入する!
みんなで購入だ!!
%d bloggers like this: