Select Page

ブログの更新、久しぶりです。

いろいろと充実した一ヶ月でした。

GW中にまとめてここに書いてみたいと思います。

 

まずREDで撮影をまたしました。

今回はお台場のスタジオを2日間貸切で、いろいろと撮りました。

初日のRED4K素材は200カット。さすがにヘトヘト…

二日目はHDVを4台マルチで回して撮影。クレーンなどの特機も使いました。

REDLENSをつけるとRED自体が15kg以上の重さに…クレーンしなってました)

 

REDLENS.jpg

REDLENSをつけると一気にバズーカ状態。でかい。

 

撮影したR3DファイルをREDCINEを使ってその場でカラコレ。

Kの素材がこんなに簡単に現像できるとはスピルバーグもビックリ!

正直REDCINEの使いやすさはβ版とはいえないクオリティーです。

 

僕の場合、R3Dファイルを扱う方法は2種類あります。

まずはREDCINEでカラコレして、TIFFの連番、またはQTのRAWで書き出す方法。

もうひとつはCS4で並べてクリップセレクト&荒編をしてしまう方法。

前者はわりと追い込んだカラコレができるため、色重視の際有効。

後者は、Premiereでいきなり編集をかけられるので、カット数が多いときに便利?

Premiereでの編集方法はまたの機会に書きますが(今度Verが4.1になるので、

R3DファイルのPremiere内での扱いがさらに便利になるそうです)、

僕的には、Premiereで編集したR3Dファイルをそのままもう一度R3Dファイルで

書き出せたら最高だと思っています。

 

そうすればPremiereで編集したRAWデータをREDCINEでカラコレできる!

やはり編集は編集ソフトでやりたいし、カラコレは、できれば最後の段階で

行ないたいのが現状です~


ちなみに約30分のR3DファイルをREDCINEでカラコレして

QTのRAWで書き出ししたら、普通のCORE2DUOのマシンで、

なんと丸3日かかりました。

恐るべしレンダリング。ってかよく最後まで止まらずに動いた!

%d bloggers like this: