Select Page

80.jpg
今や、映像に音を付ける場合、すべて映像ファイルをタイムライン上においてBLACKMAGICのINTENSITYからHDMIで出力し、サクサク編集するというのが、弊社のワークフローで、外部機器と同期をさせることはほぼなかった。
今回、3Dの映像に音をMIXするといった仕事でさすがに、このワークフローでは対応が出来ないこと判明・・・。
映像出力機器にシンクさせることが必要になったため、YAMAHAさんににお願いをして、発売したてのSyncStationを貸していただくことになった。満を持して発売になったSyncStation、その精度とロックの早さに驚いた。シンクロナイザー界の雄、COLIN BROADが設計にも関わっているとのこともうなずける。
シンクロナイザーの欠点はシンクするまでの時間、シンクが外れること、精度がいまいちなこと、など問題は一杯あって、個人的にシンクロナイザーをかますことは避けたかった。
しかし!このSyncStaion、これら問題を結構克服している。これならば、外部機器との同期も問題ない。3Dや4Kなど、タイムラインに乗せられないMAやダビングなんかはSyncStation が活躍すること間違いナシ。余談だが、このSyncStation、めっちゃ軽い。STEINBERG社のハードっていつも軽い。MIDEX8も軽かった。なんかポリシーがあるのだろうか?
ちなみ今回は外部のスタジオでMIXをしたので久々にMACを使ってみた。そしてコントローラーにはMC MIXを使った。MC MIXの完成度もすばらしい。普段のDM2000のフィーリングを変えることなく操作できた。得にAUXなどのパラメータををフェーダーにFLIPできることは嬉しい。ただ、SOLOが複数選べないのは痛いところ。今後のアップデータに期待したい。
81.jpg

%d bloggers like this: