Select Page

UST_01.jpg

今日はUSTREAMの放送を行いました。

僕らが使っているエンコーダーは「USTREAM PRODUCER PRO」です。

Windows版を使っているのですが、これが本当に安定しません。

今日はSDの放送だったのにもかかわらず、何度も落ちそうになり、ハラハラの放送・・・

PCはHPのCorei7バリバリのハイエンドノートです。しかもわざわざXP32ビットに

ダウングレードしたプラットフォームで安定した動作を狙っているのですが、

80枚ほどの写真画像を取り込んだら、一気に不安定に。

インターフェースの画面そのものがめちゃくちゃになってしまいました。何とか放送できたものの、

僕らの得意とする、臨機応変なスーパーワークやカメラワークが活かされず

ちょっと残念でした。

UST_02.jpg

↑放送直前まで落ち続け、ハラハラでした。放送も45分ほどでしたが、なんとか乗り切りました。

 

Z5Jを2台で、HDの放送を狙ってファシリティを組んでいるのですが、ソフトウエアがついてきません。

IEEEも、ノートそのもののインターフェースに次ぎ、EXPRESSカードにIEEEカードを挿して、

本来ならばHDVによるマルチスイッチングが「できる」はずだったのですが、

認識することもおろか、ソフトウエアはまったく安定して動きません。

結局のところ、快適な放送をするためにはビットレートを下げるだけでなく、

プリスイッチングによる1入力方式が万全なところなのでしょう。

しかも安定した放送を目指す上では、特にHD放送は1カメが今のところ限界なのかもしれません。

 

マルチカムの場合はV-8などのSDスイッチャーをかまして、ADVC-55などでIEEE入力するのが

画質的にも一番キレイなところでしょう。HDはスイッチャーが高価なので・・・ハードルは高い!

また音に関しても、今日はピンマイク2本とハンドマイクを1本つかって、ミキサーを通じて

USBのオーディオインターフェースに突っ込みました。

これもやはりハンドマイクの方が音がクリアだったようです。ピンマイクの使用も

いろいろと難しいですね~今回はBEHRINGERのミキサーのアウトをTASCAMのUS-100に

つなげて放送しました。USTREAMで肝心なのは、本当は画よりも音です。

こういった機材は「省けない」ものといえるでしょう。

UST_03.jpg

↑HDVによるマルチカムスイッチングが理想です!!PCのスペックは問題ないけれど・・・

 USTREAM PRODUCERのさらなるバージョンアップを願います。

 

あとはエンコーダーですね。簡単にスーパーが出せるUSTREAM PRODUCERはとても使い勝手が

良いソフトウエアです。しかし安定した動作とはなかなか行かなくて、現場では苦労します。

マルチカムの際はより一層に工夫と機材が必要ですね~

MACのほうがいいのかな~でもIEEEの2本挿しは原稿のノートではPCしかできないし・・・

 

%d bloggers like this: