Select Page

かなりお久しぶりです。

ずっと編集&撮影で、時間があまり取れませんでした。

本当はCP+の話題とか、いろいろあったのですが・・・

 

ということで、発売日に購入しました。Victor GS-TD1です。

民生用なのですが、これが結構いけてます。

いけてる理由はいくつかあるのですが、やはりなんといっても

3Dの撮影が2つのファイル形式を選んで行なえることです。

↑ウォーリーみたいな筐体です。ちょっと80年代な感じがいいかも。

 

それはAVCHDのサイドバイサイド方式と、MPEG4 MVCのフレームシーケンシャル方式です。

今のところ編集が簡単なAVCHDのサイドバイサイドを選ぶのが妥当ですが、将来的なことを考えて

MVC方式選択できるというのがいけてます。フルHDで3D撮影ができます。

さらにはステレオベースが3.5cmと、かなり狭く、ずばり「寄り」に強いカメラです!

被写体までなんと50cmほどまで寄れます!!!凄い!!

さらにはF1.2の明るいレンズを搭載しているので、いろんな3Dのシーンを撮影できることでしょう。

 

TD1_02.jpg

↑ステレオベースは3.5cm。これはすごい。ありがたい。

 

TD1_03.jpg

↑編集はもちろんISP Stereoscopic 3Dです。最高です。簡単です! このくらいの人物寄りでも

 立体感抜群。

 

TD1_04.jpg

↑もちろん3D撮影でグリーンバックは欠かせません。いやー素晴らしいカメラです。

 

欲を言えば、もう少しビットレートの高いAVCHDであれば最高でした。

それとMVCがネイティブで編集できる環境が整えば、このカメラの活躍する場所は

いろいろと増えそうです。もちろんSONYからも4月に2眼のカメラが発売になりますね。

Panasonicがいまのとこと3DA1で業務機における2眼カメラを牽引していますが、

いろいろと選択肢がふえることで我々クリエーターは「場面に適した」3D撮影をすることができます。

 

実はこの何週間も頭の中は3Dだらけです。3DVJも新しいシステムを構築中ですし、

3D撮影もかなりの数で行なっています。After Effectsのプラグインも開発できたので

かなり制作の幅が広がっていることは間違いありません。

 

近々に実際の撮影の現場を少しお見せしたいと思っています!

それでは!

 

%d bloggers like this: