Select Page

いつもHDVにはお世話になっている反面、隠せない不安があった。

それは、「所詮HDVでしょ」と言われる所以・・・

1920という大きさにいつも僕はあこがれてていた。



局で働いているとき、Hdcamの大きさも1440と聞いて驚いたことがある。

SONYがXdcamを発売し、このEXシリーズも1920と知って

ポストHDVの到来を感じたもの記憶に新しい。

しかしテープメディアで育った僕には、まだメモリーカメラの存在が信じられないのだ。

本当にデータがぶっ飛んだりしないのか???アーカイブはどうやって作るのか???

そんな中、P2やSDカードなんかにどんどん映像が記録されるようになって、

21世紀、やはりこれからはメモリーカメラが主流になるのだと、思い知らされている。



話は戻るが、今日時代はひとつ前に進んだ。

それはPremiereがXdcamEXのデータをネイティブでサポートしたのだ!!!

これがどれだけすごいかと言うと、あのAVCHDでさえネイティブにはなりえなかったのに

初めて1920のデータがレンダリングなしでタイムラインに乗ることになった。

HDVの時代に変わる新しい兆し。おそらく来年、いや、今年中には

このカメラを使っている自分がいる。間違いない!!

http://www.adobe.com/jp/products/premiere/news/xdcam/



今考えられる問題は、メディアの高さと普及の薄さへの心配だけだろう。

16Gが10万円もするなんて・・・これがCFだったら、明日にでも購入するのに。

Z7JがCFにHDVを記録できるようにしているが、是非S×Sなんてやめて、

汎用メディアにしてくれないものか。

あのREDでさえCFカードなのに!!惜しいぞ!!






001.jpg

EX3の発売も来月。実機を早く目にしたいものだ~

でもまだDVテープ100本はスタジオにあるので、頑張って仕事します。

願う・脱キャプチャー地獄!

%d bloggers like this: