Select Page

業界で知らない人はいない!と言われるほどスタンダード中のスタンダードのヘッドホンMDR-CD900ST。私もSTが発売された当初からのユーザーで、スタジオにもたくさんのCD900STがスタンバっています。最近、メンテをさぼっていたので、イヤパッドやウレタンリングがぼろぼろになっているのが続出。まとめてメンテすることにしたのですが、その中の一つのケーブル被服が切れてしまっていたので、この際、スタジオ用ではなくお出かけ用ミニプラグに改造してみることにしました。ちなみにこの写真のCD900STは10年以上前の初期型で、まだ刻印にSTの文字がありません。今となってはレアアイテムです。余談ですが、昨今のタイの洪水で部品供給ができなくなったらしく、欠品続出だそうです。ある機材屋さんではこのまま終売になるかもしれないとのこと、ますます大切に使わなければなりません。さ、改造するにあたってミニプラグをどこ製にするかです。最後までノイトリック社製のものと悩んだのですが、Amphenol社製のものをチョイス!別に音がどうこう言うのではなく、見た目です。見た目がノイトリックより良かっただけです。ちょっとつくりがゴツいんですね。まずは思い切ってCD900STのケーブルをチョッキン!ちょうど半分くらいのところで被服が切れていたので、仕上がりもちょうど半分の1.2m強。これが、もち運びにはちょどよいサイズで、かばんやポケットに入れた携帯プレーヤーにちょうど良い長さなんです。被服をきれいにはがして、はんだで軽く下地処理をします。銀ハンダを使うので、下地処理する前にペーストを仕込みます。いい感じになっていますが、何せケーブルが細いので作業は慎重にです。オリジナル(右)と比べてみてもハンダ作業がやりにくい、極小スペースでのトライです。気分的なものですが、今回は金メッキタイプを選択。音?さして差はないです。でも気分はアガります。作業は失敗をしないように、万力を使って丁寧に進めていきます。写真ではわかりにくですが、アースにはアセテートテープで絶縁処理がしてあります。最近近いものを見るとき焦点が合わなくなってきたので、この小ささは泣けてきます。そして、ついでにぼろぼろになったイヤパッドも交換です。中からウレタンが「こんにちは」しています。交換したらこんなにつやつやです。いっきに愛着がわいてきます。写真にはありませんが、ちゃんとウレタンリングも交換済みです。余談ですが、ウレタンリングの接着部分の材質が変わったようで、貼り付け作業がやりにくくなりました。ちなみに音には影響ありません。イヤパッドも交換し、ケーブルも短くなり、この子はお出かけ専用になりました。ちなみにうちで3番目に古いやつでした。ついでにほかのCD900STもまとめてメンテ、チェックです。これだけあれば、音の固体差はありますし、時代によって細かいところが違うんですね。「FOR DIGITAL」と記載はあれど、ど・アナログ製品ですからね。イヤパッドとウレタンリングはいつでも交換できるように、常備しておくことを勧めます。

%d bloggers like this: