Select Page

今年最後のUSTREAM放送で、音声を送出するにあたって、ミキサーを使わなかった。正確にはアナログミキサーを!?ということになるのか。

この写真を見てもわかるとおり、ワイヤレスマイクのレシーバー4個はRME社のFIREFACE UFXに接続されている。そう、勘が良い方なら分かったかもしれないが、実はミックスはFIREFACE UFXのTOTAL MIXという、ユーティリティーソフトを使っているのだ。(下の写真)

↑↑↑ミキサーはすべてソフトウェア。しかもUFXのDSP上で動くのでCPU負荷はほとんどゼロ。

しかも、USTREAM放送用のソフト、WIRECASTではPC内部で接続されている。すなわちTOTAL MIXからLOOP BACKされた音声がWIRE CASTに送られているので、正確な音量をDIGICHECK(写真右側のメーター)というこれまたRME社のユーティリティーソフトで管理できるようになる。

WIRECASTはとにかく音声に弱い。メーターもいったいどこを目指せばいいのか分からないし、何を表示しているのかすら分からない。いままでアナログ卓から音声信号を送るときは適正な音量を管理できなかった。

今回は違う。正確にPEAKとRMSを見ながら、ミックスができる。これが、簡単なシステムでできることは大きい。しかもこのTOTAL MIXというソフト、UFXのDSPを使ってEQやCOMP、エフェクトなどがCPUに負荷をかけることなく使うことができる。今回も全チャンネルでEQ、COMPを使った。しかもUFXとPCの接続はUSB一本だけという簡便さ。

放送ではほとんどピークさせることもなく、きれいに音がまとめられた。レベル的にはTV放送より大きめのRMS値で-15dB近辺でまとめてみた。いろいろな放送を見ると、上手な番組はこのあたりに音量を集めてくる。

↑↑↑コントロールブースには音声卓は無く、BGM用のCDJとマウスとキーボードしかない。

しかし放送セットを見ても分かるとおり、きわめて機材を少なくすることができる上に、かなり正確にモニター、送出ができることはこれからインターネット放送にはかなりありがたいことだ。そしてバーチャルミキサーとはいえ、デジタルミキサーのようなもの。リコールだって簡単にできる。現場が変わってもセッティングはあっという間にできてしまう。

正直、アナログミキサーのシステムに戻ることはできない。それくらいこのシステムはやりやすかった。

こんなスタイルのインターネット放送局が来年はたくさん出て来そうだ。

%d bloggers like this: