Select Page

鍵盤弾きとしては打ち込みのためのマスターMIDIキーボードにはこだわりたい。で、だいたい、この手のキーボードはステージピアノだったり、ウェイテッド鍵盤を採用したシンセサイザー、電子ピアノなんかが良く使われる。私も某社のふつうの電子ピアノを、音源を使うことなく、キーボードだけを打ちこみ用のMIDI鍵盤として使っている。私の場合はタッチと、とにかく奥行が小さいもの選んで使っている。

で、ちょっと最近買い換えようかな?と、模索すると、やはり音楽制作向け小型88鍵MIDIキーボードってあまりない。もちろん無いわけではないが、タッチが気にくわなかったり、サイズ大きかったりする。特に奥行。

ここ数年、DAWでのソフトウェアシンセ、インストゥルメントが発展したこともあって、小型のMIDIキーボードは値段もさることながらバリエーションもかなりある。でも88鍵となるとぐっと選択肢は減る。

このご時世、住宅、スタジオ事情も考えて、音楽制作向け「小型」(ここ重要!!)88鍵MIDIキーボードの需要はあるんじゃないかと思い、いろいろ探してみた。

日本のショップサイトや、メーカー、代理店は探せど、グっとくるものはナシ!で、ここはボーダレスなWEBの世界を検索ツアーで出てみたら、意外にあるある。なぜ、日本に輸入されないのか!とぼやきたくなるくらい。

もちろん夜な夜な、勝手にネットサーフィンしてきて見つけたものだから、日本でも代理店あるよ!とか買えるよ!とかご意見ありましたら教えてください。

で気になった音楽制作向け小型88鍵MIDIキーボードその1!CME社のZ-KEY88↓↓↓

http://www.cme-pro.com/en/product-detail.php?product_id=38

日本でもおなじみのCME社だけど、なぜかこのZ-KEYシリーズのラインアップは日本で見当たらない。。メロトロン風というか、なんともすっきりしていていい!WEBを見る限りではタッチもよさそう。日本でも個人輸入代理は可能みたいだけど、海外サイトの値段と比べるとちょっと高い!しかも奥行は26.6㎝とナイス奥行!。

次に気になったのがこちら!その2!スタジオロジック社のNUMA NANO↓↓↓

http://www.fatar.com/studiologic/pages/Prova/NUMANANO.html

このメーカーは知らなかった。でもいろいろ検索してみると、かなりイケていそう。こちらはシックで、ちょっと高級感あり。このメーカー、ほかにもちょっとサイズは大きくなるけど、そそられるキーボードが結構ある。どうでもいいのですが、88鍵もあって、バスパワーで動くと思うとちょっと得した気分になるのは私だけでしょうか?

そして最後に気になったのが、その3!!ALTO社のLIVE88↓↓↓

http://www.altoproaudio.com/products/live-88

このメーカも知らなかった・・・。ちょっと気になるのが、セミウェイテッドと記載あるのでタッチ感は望めなさそうだが、見た目はいい。レトロフューチャーな感じで、天板はRHODESのMarkIのカマボコケースっぽい。ただ、なんとなく、ボタン配列なんかを見るとCME社のZ-KEYっぽい!?OEMか!?(勝手に想像)

昔はMIDIキーボードの88鍵言えば、YAMAHAのKX88、KURZWEILのMIDI Boardなんかがアイコンで、とても高かった印象があるのですが、今はとにかく安くなった感じ。好みは分かれどAVID社(元M-AUDIO)のKEY Station88なんかは3万円しない。メーカーさんもきっと大変なんだろうと察してしまう。

KX88は私にとって夢のマスターMIDIキーボードでした。↓↓↓

一時はこれが欲しかった。でも、とてつもなくでかい!30kgオーバーだったと思う。↓↓↓

ただ、これから音楽制作はますますこういった入力装置なるMIDIコントローラの需要はますます高まるように思った。音源はパソコンやタブレット、スマホでいいわけですからね。

ちょっと、日本のメーカーの動向も見ながら、何を導入するかゆっくり考えてみることににしました。

最後にTWITTERで貴重な情報を教えてくださった皆さんに感謝です!(しかし、夜中、朝方に盛り上がったなぁ。)

%d bloggers like this: